最初の「妄想企画書」

4月から「トーカーワークス」として活動を始め営業をスタートしましたが、嬉しいことにさっそく「話を聞きたいという会社があるので紹介したい」という連絡をいただきました。

初めていく企業でしたが、とても気さくで温かみのある対応で、さほど緊張することなくいろいろなお話を聞かせていただきました。

事業の内容や、ホームページに求めること、他社の運営状況、などヒアリングさせていただき、持ち帰って「妄想企画」に取り掛かりました。

そもそも「妄想企画ってなんのことだ?」と思われる方もいるかと思いますが

  • もし自分がその会社の経営者であったなら、ウェブを使って何を生み出したいか
  • そのために、具体的にどんな内容で、どんな運営をするか
  • そのアイデアを企画として、A4で2枚ほどにまとめる

というものです。この時に意識するのは

  • 自分が従業員だったら
  • 自分が従業員の家族だったら
  • 自分が取引先だったら
  • 自分が経営者だったら
  • 自分が地域の人だったら
  • 自分が就職を検討中の学生だったら
  • 自分が何気なくホームページを見た人だったら

と、様々な立場、環境、意識の人に「なったつもり」で考えて、まさに「妄想」して企画を考えます。

 

そして、ヒアリングから数日後、妄想企画書を持って改めて伺い、口頭での補足を含めて説明させていただきました。

正直なところ、

  • その企画を採用されるかどうか(一部か、全部か)
  • されるとしてもトーカーワークスで実行されるかどうか(他社で実行もありうる)

については、こちらが立ち入れることではありません。

内容が適しているか、予算に収まるか、タイミングが合うか、何より気持ちが乗るか、一緒に取り組みたいと感じるか、、、

それはクライアントが判断することですし、様々な角度から考えられた上の決断ですので、こちらはただ受け止めるだけです。

 

そして、仮に採用されずとも「今回のことで何か生み出せた」としたら「妄想した甲斐はあった」と考えます。

なぜなら「外部の人のアイデアを聞いてみる」ことは、きっと相手店舗企業にとってプラスになりますし、自分自身も「また1つ新しい経験(妄想ですが)」ができ、引き出しを増やすことができたと言えるからです。

つまり、もうこの時点で「Win×Win」は成立している、そう考えるととても楽しい仕事だなと思います。

 

今回の「妄想企画書」ですが、まだまだ考えればアイデアが出てくると感じています。

そのためには、業種や業界をより良く知り、実際に働かれている方々と触れあうこと、年間を通じて流れを体験すること、が必要です。

そう考えると「ホームページ運営に関われたら」もっと面白いことができるのだろうなと改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です